文月の月月器考

カテゴリ: 日記 投稿日:2018年7月2日

月月器考(つきづきうつわこう)

文月の器は瀬戸で作陶されている

木曽 志真雄(きそしまお)さん

織部や粉引の器です。

今回は器として使うレンゲをお願いしました。

レンゲと小皿のセットですが、上下の色合いを揃えても違うものをセットで使っても面白そうです。小皿単体でも使えます。

素朴ながら、古さを感じない織部。

さて、今月は何を盛りましょうか?

今月の月月器考もお楽しみに^ ^