睦月の月月器考 〜料理と共に〜

カテゴリ: 日記 投稿日:2018年1月31日

睦月の「月月器考(つきづきうつわこう」

金沢・九谷で作陶されている

赤地 健(あかじ けん)さん の作

睦月も最終日。

一月は毎年あっという間に月末を迎えますね。

例年になく何度も寒波か押し寄せ、この週末もまた氷点下とか。

そんな一月、新年を迎えるにあたり、おめでたい器を。

そこに使うのは鯛を使いたいと思いました。

鯛と合わせて美味しい蕪。

鯛と蕪の炊き合わせです。

蕪を柔らかく戻し、鰹出汁、鯛あら、蕪の皮で取ったお出汁でコトコトと炊きます。

仕上げはそのお出汁で鯛の身にゆっくりと火を入れます。さらに、そのお出汁に蕪の軸を潰してつくった軸のピュレを溶き、ゆるく葛でとめる。

ぽってりと厚みのある器は湯に通し温め、鯛と蕪を盛り、綺麗な緑色の薄葛餡をトロリと。

香りはあられ柚子をパラパラと。香り、色味、一緒に口に含むと柚子の香りが広がります。餡は鰹と昆布、蕪、鯛、優しい旨味が何層にも重なります。

寒い中、来ていただくお客様の座付きに温かいお料理を。お酒を召し上がる前にお腹の準備を整え、気持ちをほぐし、これから続く料理を楽しみにしていただきたい。

そんな気持ちでご用意している、睦月の一品です。

今月も楽しんでいたたけましたでしょうか?

明日はもう如月、二月です。

明日には次の器考のお披露目です。

お楽しみに。