霜月の月月器考 〜料理と共に〜

カテゴリ: 日記 投稿日:2018年12月12日

月月器考(つきづきうつわこう)

霜月の器は

京都・亀岡で作陶されている

高田 志保(たかだしほ)さん

穴子の煮凝りと天王寺蕪の間引菜

じっくり柔らかく炊いた穴子をその炊いた出汁で煮凝りに。なにわ野菜の根菜がようやく登場する霜月。大きく蕪を育てるために間引かれた間引き菜を添えて。

凛としたシェイプの高田さんの器にプルンとした煮凝りを。なかなか良い組み合わせかと。

師走も始まりました。

忙しい中来ていただく皆様に楽しんでもらえるものを今月も。

よろしくお願いします^ ^